カテゴリー 《 釣り 泳がせ 》   全2ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.03.06     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   2月24日、ハタ釣りに再挑戦

前回のハタ釣りはダメだった。
再挑戦である

日の出を見ながらポイントへ。

2018-2-24日の出

まずエサのコアジ釣りだが、これがまるで釣れない。
なんとか5匹だけ確保した。

ポイントを移動して泳がせを開始。
最初の場所はあたりがなかった。

すぐに大きく移動して、漁礁まわりへ。
ここではすぐにあたりがあった。

2018-2-24ハタ

700gほどの小型のもの。

その後はあたりもなし。
スポンサーサイト

2018.01.21     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   1月6日、初釣りはこけた

3が日はもともと海に出ずのんびりしようと思っていた。
結果的には、冬型の天候になり、出たくても出られない状態。

今年の初釣りはアジの泳がせ・ハタ釣りになった。

乗ったのは福田港の海豊丸。
空は澄んでいて、遠くに富士山がくっきり見えた。


2018-1-6海豊丸

まずはエサのコアジ釣り。
水温が低いせいかなかなか数がまとまらない。
9時ころまでかけてやっと10数匹を確保。
他の乗船者も数は同程度。

移動してハタ釣り。
事前に船長に電話で聞いた仕掛けは、ヒラマサ17号にハリス14号60-70cmというもの。
ハリスはもう少し長くしたが大体同じようなものを用意した。

あたりなし。
延長してくれたが、最後までそれらしいあたりなし。
初釣りはこうして終わった。

2016.11.06     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   10月2日、金洲泳がせ今回も空振り

博栄丸での金洲大物泳がせ釣り、挑戦2回目。

前回の反省点は、
1.エサの確保。吹き流しの仕掛けでは、大きいムロアジばかりで、エサに手頃な中型が釣れなかった。
2.主な狙いはカンパチなので、クエの仕掛けは大きすぎる。

で、今回はまずエサ釣り用のサビキを探した。サンゴ堂でムロアジ釣りのサビキがあったので、入手しておいた。
仕掛けはハリス50号、針24号に落とした。

まずはエサの確保。
今日はムロアジの活性が高く、サビキで手頃なサイズがたくさん釣れた。
サバも混じった。


2016-10-2エサ


前半で、大きなあたりあり。
しかし、巻き上げの途中で急に軽くなりアウト。
ハリスが切られていた。
サメ?

魚の顔を見ることができなかったのが残念だったが、あたりがあっただけでも前回よりはよかったかな。

持って帰ったのは、イワシ・イサキ・ヒメダイ

2016.10.09     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   9月24日、金洲で大物泳がせ

泳がせ釣りをいろいろやってみたい気分になり、検索していたら御前崎の博栄丸が金洲で大物狙いの泳がせ釣りをやっているようだった。

カンパチが主な狙いもので、クエも釣れるようだ。

どんな釣かよくわからないので、予約の時に聞いてみた。
まず6号6mの仕掛けでエサのムロアジやサバを釣り、泳がせで大物を狙うとのことだった。

朝から雨模様。
4時半に出船して、1時間半かけて金洲のポイントに到着。

まずムロアジ釣り。用意していた6号6m3本針の吹き流し仕掛けで開始。
ぽつぽつ釣れるのだが、魚が大きい。ちょっとエサには大きすぎる感じ。
隣の人はサビキで中くらいのサイズのを釣っていたので、サビキの仕掛けに変更してみたが、今度は見事に全く何も釣れない。
どうもサビキの種類が異なるようだ。

吹き流し仕掛けでエサを確保し、泳がせを開始した。
クエの仕掛けで開始。

しばらくやったが、あたりなし。
隣の人はあたりだけはあった。
前の人はかかったのだが、糸を切られて逃げられてしまったようだ。

結局泳がせは釣果なく終了。
後ろの人が15kgの大きなカンパチをあげていた。

サビキと、泳がせの仕掛けに工夫がいる。

2015.06.16     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   6月13日、泳がせ釣り

6月13日、泳がせ釣り


海豊丸で泳がせ釣りに出かけた。
前回は、イサキ釣りの後少しヒラメを狙ったのだが、今回は初めから泳がせ釣りで、ヒラメ・ハタ狙いだ。
2015-6-13海豊丸

4時半に集合、出船。
2015-6-13道具

生餌のアジは、なかなか釣れないということで、今回は餌屋さんから一人20匹仕入れていた。
1匹150円もするので、貴重品だ。
2015-6-13エサ

ポイントは福田沖。
2015-6-13海

少しうねりがあったが、薄曇りの穏やかな海で、ヒラメ釣りにはよさそうな感じだった。
朝日が一瞬見えたが、すぐに雲に隠れてしまった。
2015-6-13朝日

しかし魚のほうは、ずっと釣れず。
前に座っていた人はポツポツあたっていたが、こちらはダメ。

ポイントをいろいろ変えて流してくれたが、そんな状態がずっと続いた。
泳がせ独特の前あたりも殆んどなくて、辛抱の釣り。
1回大きな鋭いあたりがあったが、ハリスごと飲み込まれ切断されていた。
サメか。

12時前くらいになって、浅いところに移動して、やっとあたり。
いいサイズのヒラメが上がってきた。
2015-6-13ヒラメ
62cm 2.25kgあった。


プロフィール

鯛釣名人

Author:鯛釣名人
沖釣り・船釣りが好きで毎週のように通っている中年のおじさんです。
出身地の焼津市に帰ってきました。
釣以外では、アナログ・オーディオが趣味です。

最新トラックバック


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。