全1ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.29     カテゴリ:  釣り タチウオ 

   6月28日、タチウオはまだ早かった

6月28日、タチウオはまだ早かった


先週は富士川沖のタチウオ釣りにでかけたが、釣果は乏しかった。
焼津沖で釣れるようになったようなので出かけてみた。

まだ暗い3時前に出船。
釣り開始。
し、しかし、あたりはない。

トモの人が釣った。
しかし私のところにはあたりがない。

時間だけが経過してゆく。
少しずつ明るくなり、富士山も見えてきた。
2015-6-28富士山
きれいに見えたのは久しぶり。
さらに明るくなって、もう一枚。
2015-6-28富士山2
魚は明るくなってもあたりなし。
そのまま、9時前に納竿となった。

まだタチウオは早いようだ。
スポンサーサイト

2015.06.22     カテゴリ:  釣り キス 

   6月21日、清水港キス釣り大会

6月21日、清水港キス釣り大会



1年ぶりに、キス釣りに出かけた。
清水港キス釣り大会ということで、清水港に所属する遊漁船の多くが参加する。
釣れたキスの数で順位が決まり、全員に商品が出る。

乗ったのは、海秀丸。
2015-6-21海秀丸
初めてのる船だが昨日船の場所を確認していたので安心。
この季節は日の出が早く、4時過ぎには明るくなるので、地理が不案内な場所でもその分気楽だ。

12人を乗せて、5時過ぎに出船。
大会は6時釣り開始なので、ポイント近くに船は集合して、待機している。
2015-6-21釣りの前
6時前に、釣り開始の合図があり、各船一斉にポイントに散った。
2015-6-21釣り開始
私の乗った船は、岸に近いところへ。
投げ釣りの人がたくさん見える。

キスも今年は遅れているので、小型のものがポツリポツリ釣れるだけ。
吹き流しの仕掛けで始めたのだが、どうもスピニングリールに慣れていないのでキャスティングがうまくいかない。
絡んでしまう。

胴付の仕掛けに変更したが、絡みは少なくなるが吹き流しのほうがキスのあたりが多いようなので、また元に戻した。

隣に座っていた人は上手で、あとからあとから釣りあげていた。

9時半ころから、予報より少し遅れて雨になった。
11時で釣りは終わり。

船で表彰の会場近くに行き、表彰式。
2015-6-21会場
13匹で133位だった。
2015-6-21キス
賞品にタックルケースをいただいた。

2015-6-21賞品

2015.06.22     カテゴリ:  釣り タチウオ 

   6月20日、今季初のタチウオに挑戦

6月20日、今季初のタチウオに挑戦



今年はいろんな魚の釣れだすのが遅れていて、イサキもやっと最近好調になってきたようだ。
タチウオも、去年は5月から吉田沖で釣れていたのが、今年はまだまだダメ。

富士川沖で最近釣れだしたということなので出かけてみた。
乗ったのは、由井港の長徳丸。

5時過ぎに出船。
客は4人だったので、広々。
2015-6-20長徳丸
ジグで狙う人が多いのだが、慣れた餌釣りで挑戦してみた。
2015-6-20道具

久々に、雲が少なく、富士山が見えた。
2015-6-20富士山
ポイントは、富士川沖。蒲原沖といったほうがいいか。
2015-6-20富士山2
この後また雲が多くなって、富士山は隠れてしまった。

魚探の反応を見て船長がタナを指示してくれる。
仕掛けを下すと、タチウオは深く潜ってしまうようで、すぐにポイント移動。
こんな感じでなかなか釣れなかった

1時間ほどして、ようやく1匹目。
指3本ほどの小型のタチウオだった。
久しぶりのタチウオのあたりに、懐かしいようなほっとするような気持ち。

前半、こんな感じで3匹釣り上げた。
ジグの人はもう少し釣っているようなので、後半はジギングに変更。

ジグで1匹取れた。
しかし、その後タチウオの機嫌はますます悪くなり、さっぱり釣れなくなってしまった。

11時前に納竿。
2015-6-20タチウオ

早かったので、明日のる予定の海秀丸の船着き場を確かめに清水港により、
帰りにはじめて行くラーメン屋に寄ってみた。(画像はネットより拝借sorry!)
2015-6-20まむしラーメン
まむしラーメンという店だった。
場所は久能の石垣イチゴ農家が並ぶちょっと清水より。
醤油とんこつだったが、魚介系の出汁の臭いが気になるのと、とんこつの脂臭さがダメだった。

2015.06.22     カテゴリ:  釣り オニカサゴ 

   6月14日、今年はオニカサゴも不調

6月14日、今年はオニカサゴも不調



10日で、金洲のマリンロボ周辺が解禁となったので、オニカサゴ釣りに出かけた。
この辺りは大きなオニが狙えるので、楽しみだ。

御前崎港の漁栄丸で出船は4時半過ぎ。
6時から釣り開始。
2015-6-14道具

しかし残念なことに、今日もオニの機嫌は悪く、針にかかってこない。
外道のあたりも少ないので、潮が悪いのだろう。

途中、大きなサバが釣れたので、早速さばいて餌にしてみたがやはりダメ。
結局、30cm前後の中型が3匹釣れただけだった。
2015-6-14オニカサゴ

船中みな似たようなもの。
短いフロート付の仕掛けが、幾分よかったような印象。

2015.06.16     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   6月13日、泳がせ釣り

6月13日、泳がせ釣り


海豊丸で泳がせ釣りに出かけた。
前回は、イサキ釣りの後少しヒラメを狙ったのだが、今回は初めから泳がせ釣りで、ヒラメ・ハタ狙いだ。
2015-6-13海豊丸

4時半に集合、出船。
2015-6-13道具

生餌のアジは、なかなか釣れないということで、今回は餌屋さんから一人20匹仕入れていた。
1匹150円もするので、貴重品だ。
2015-6-13エサ

ポイントは福田沖。
2015-6-13海

少しうねりがあったが、薄曇りの穏やかな海で、ヒラメ釣りにはよさそうな感じだった。
朝日が一瞬見えたが、すぐに雲に隠れてしまった。
2015-6-13朝日

しかし魚のほうは、ずっと釣れず。
前に座っていた人はポツポツあたっていたが、こちらはダメ。

ポイントをいろいろ変えて流してくれたが、そんな状態がずっと続いた。
泳がせ独特の前あたりも殆んどなくて、辛抱の釣り。
1回大きな鋭いあたりがあったが、ハリスごと飲み込まれ切断されていた。
サメか。

12時前くらいになって、浅いところに移動して、やっとあたり。
いいサイズのヒラメが上がってきた。
2015-6-13ヒラメ
62cm 2.25kgあった。

2015.06.16     カテゴリ:  釣り イサキ 

   6月7日、ともわ丸でイサキ釣り

6月7日、ともわ丸でイサキ釣り


石花海のイサキは、ほかの海域のイサキより、よく太って脂がのっている。
そんな旬のイサキを釣りに、焼津港のともわ丸で出かけた。

4時半に集合、出船。
2015-6-7道具

まず石花海のポイントで始めたが、最初からサバばかりで、イサキのあたりなし。

船長は、2流しほどでそうそうに諦めて、御前崎沖のポイントに大移動。

ここではサバは少なかったが、イサキはあまり釣れない。
グレや、小鯛が混じる。
2015-6-7グレ

私の竿にも、30cmほどのマダイが来た。
ともわ丸でマダイを釣るなんて、滅多にないことだから感激ものである(笑)
2015-6-7タイ

結局、イサキは6匹だけ。
釣れたら太って大きいイサキばかりだが、少々物足りない釣りになってしまった。

夕陽。
2015-6-7夕焼け


2015.06.15     カテゴリ:  釣り 泳がせ 

   5月31日、ヒラメ不発

5月31日、ヒラメ不発


福田港の海豊丸で出船。
イサキと泳がせ釣り、というタイトルだが、泳がせで狙うのはヒラメ・ハタとのことであった。

出船は5時。
日はすでに上がっていたが、曇天で、ようやく朝日が顔をのぞかせた。

まずはイサキ釣り。
ポイントは浜岡原発の沖合。
2015-5-31海

釣れ具合は、ポツンポツンという感じ。
ポイントを移動して初めだけはかかるのだが、すぐに釣れなくなってしまう。
釣れれば、丸々と太って大きなイサキだった。
2015-5-31道具

白子・卵が楽しみだ。

13匹釣れた。

10時過ぎにイサキはやめて、泳がせ釣りのエサ確保へ。
小アジもなかなか釣れず、
それでも10匹ほど確保した。

泳がせを始めたのは、もう12時過ぎ。
ヒラメのポイントへ移動したが、あたりなし。

15時過ぎまで延長してくれたが、結局船中ゼロ。
お疲れ様でした。


プロフィール

鯛釣名人

Author:鯛釣名人
沖釣り・船釣りが好きで毎週のように通っている中年のおじさんです。
出身地の焼津市に帰ってきました。
釣以外では、アナログ・オーディオが趣味です。

最新トラックバック


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。